HOME  BACKムラサキ科チシャノキ属   落葉小高木
マルバチシャノキ (丸葉萵苣の木)
Ehretia dicksonii
  海岸沿いの山地の林縁などに生育する落葉小高木。名前の由来は、葉が丸く、若葉がチシャ(キク科アキノノゲシ属の野菜、レタス)の味に似ていることから。3-7月に枝先に散房花序をだし、小さな白色の花を多数つける。花冠は5裂し、裂片は反り返る。雄しべは5個。葉は互生し、葉身は6-17cmの広楕円形、先が急に尖り、縁に鋸歯がある。果実は核果で7-11月に黄色く熟し、生食できる。庭木などで植栽される。
原産地/原生地日本、台湾、中国
花  期3月-7月
樹  高5-10m
地  域本州・千葉県以西、四国、九
環  境山地/林縁/海岸
種  別自生/栽培
マルバチシャノキマルバチシャノキ
マルバチシャノキマルバチシャノキ
マルバチシャノキ 
ムラサキ科チシャノキ属の仲間

ムラサキ科の仲間
アメリカチシャノキ アルカネット アンチューサ・アズレア エキウム・ウィルドプレッティ エキウム・ブルーベッダー エゾムラサキ エゾルリソウ オンファロデス・カッパドキカ オンファロデス・ベルナ オンファロデス・リニフォリア キュウリグサ コウ コンフリー シノグロッサム スナビキソウ セリンセ ネモフィラ・インシグニス ネモフィラ・スノーストーム ネモフィラ・ペニーブラック ネモフィラ・マクラータ ハナイバナ ファセリア・カンパニュラリア フクマンギ ブルンネラ プルモナリア ヘリオトロープ ホタルカズラ ボリジ ミヤマホタルカズラ ミヤマムラサキ ムラサキ モンパノキ ヤマルリソウ ワスレナグサ

iPhoneアプリ-花しらべ