HOME  BACKスイカズラ科タニウツギ属   落葉低木
キバナウツギ (黄花空木)
Weigela maximowiczii
  山地の林縁に生育する落葉低木。4-5月に葉腋に3-5cmの淡黄色の漏斗形の花をつける。上唇は3浅裂、下唇は2浅裂する。下側裂片に濃黄色の網状紋がある。葉は対生し、無柄、葉身は4-9cmの楕円形、先は細くのびて鋭く尖り、縁に鋸歯がある。果実は1.5-3cmの刮ハ。
原産地/原生地日本
花  期4月-5月
樹  高2-3m
地  域本州(秋田県から山梨県)
環  境山地/林縁
種  別自生
キバナウツギキバナウツギ
キバナウツギキバナウツギ
スイカズラ科タニウツギ属の仲間

スイカズラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ