HOME  BACKマツブサ科マツブサ属   つる性落葉木本
チョウセンゴミシ (朝鮮五味子)
Schisandra chinensis
  山地の林縁などに生育するつる性の落葉木本。名前の由来は、チョウセン(朝鮮)は江戸時代に日本に自生がないとされ朝鮮から種子を輸入していたから(実際には長野・山梨県などに自生する)、ゴミシ(五味子)は果実の皮に甘味、果肉に酸味、種に辛味・酸味があり、全体で塩味の五つの味があることから。雌雄別株。5-7月に葉腋に1cm程の淡黄色の花をつける。花被片は6-9個。葉は互生し、葉身は5-10cmの長卵形、縁に鋸歯がある。果実は液果で9-11月に赤く熟す。滋養強壮の薬効があり薬用酒で利用される。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期5月-7月
地  域北海道、本州・中部以北
環  境山地/林縁
種  別自生/野菜・果物
チョウセンゴミシチョウセンゴミシ
チョウセンゴミシチョウセンゴミシ
マツブサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ