HOME  BACKトウダイグサ科ヤマアイ属   多年草
ヤマアイ (山藍)
Mercurialis leiocarpa
  山地の林内などに生える多年草。名前の由来は、山に生える藍の意で古くから染料で利用されてきた。雌雄別株。3-4月、枝先の葉腋に小さな淡緑色の花を穂状につける。葉は対生し、葉身は5-10cmの披針形、縁に鋸歯がある。全草が有毒で誤食すると嘔吐、けいれんを起こす。
原産地/原生地日本、台湾、朝鮮半島、中国、タイ、インドシナ
花  期3月-4月
草  丈20-50cm
地  域本州・関東以西、四国、九州、沖縄
環  境山地/林縁
種  別自生
ヤマアイヤマアイ
ヤマアイ 
トウダイグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ