HOME  BACKアヤメ科ネオマリカ属   多年草
イエローウォーキングアイリス
Neomarica longifolia (=Trimezia steyermarkii)
  西インド諸島から南アメリカ原産の多年草。属名は、ギリシャ語のNeo(新しい)とMarica(ローマ神話の精霊)が語源。長い花茎の先に5cm程の黄色の花をつける。一日花。根生葉は線形。地下茎で広がることからイエローウオーキングアイリス(Yellow Walking Iris)の名がある。暖地の公園などで利用される。NeomaricaとTrimeziaをシノニムとしているが、花茎の断面が平たいものはNeomarica、丸いものはTrimeziaである。
英  名Yellow Walking Iris,Forenoon yellow flag
別  名ネオマリカ、トリメジア
原産地/原生地西インド諸島から南アメリカ
花  期1月-12月
草  丈40-80cm
種  別栽培
イエローウォーキングアイリスイエローウォーキングアイリス
イエローウォーキングアイリス 
アヤメ科ネオマリカ属の仲間

アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ