HOME  BACKバラ科カナメモチ属   常緑小高木
カナメモチ (要黐)
Photinia glabra
  山地や沿海地に自生する常緑小高木。カナメモチの由来は、材が扇のカネメ(要)に使われ、モチノキに似ることから。新芽が赤いことからアカメモチの別名がある。5-6月に散房花序をだし、小さな5弁花を多数つける。葉は互生し、葉身は6-12cmの長楕円形、先は尖り、縁に細かい鋸歯がある。果実は1cm程のナシ状果で12月頃に赤く熟す。若葉を守るためにアントシアニンが生成されて春に葉が紅葉する。生垣や公園樹などで植栽される。仲間には葉や花序が大形のオオカナメモチ(P. serrulata)や生垣でよく利用されるレッドロビン(カナメモチとオオカナメモチの雑種)がある。
英  名Red leaf photinia,Japanese photinia
別  名レッドロビン、アカメモチ、ベニカナメ
原産地/原生地日本、中国、東南アジア
花  期5月-6月
樹  高3-10m
地  域本州・東海地方以西、四国、九州
環  境山地/海岸
種  別自生/栽培
花言葉賑やか
カナメモチカナメモチ
カナメモチカナメモチ
カナメモチカナメモチ
バラ科の仲間
アーモンド アメリカザイフリボク アルケミラ・モリス アンズ イチゴ イヌザクラ イワシモツケ ウーレイ ウメ ウラジロナナカマド ウワミズザクラ エゾトウウチソウ エゾノウワミズザクラ エゾノシモツケソウ オオシマザクラ オオヘビイチゴ オニシモツケ オヘビイチゴ カジイチゴ カナウツギ カマツカ カライトソウ カラフトダイコンソウ カリン カワヅザクラ カワラサイコ カンザクラ カンヒザクラ キクザクラ キクモモ キジムシロ キョウガノコ キンミズヒキ キンロバイ クサイチゴ クサボケ クロバナロウゲ ゲウム コガネイチゴ コゴメウツギ コデマリ コトネアスター コブクザクラ サクラバラ サンザシ サンショウバラ ザイフリボク シジミバナ シモツケ シモツケソウ シャリンバイ シロバナノヘビイチゴ シロヤマブキ ジュウガツザクラ スモモ ズミ セイヨウバクチノキ セイヨウヤブイチゴ ソメイヨシノ タカネトウウチソウ タカネナナカマド タカネバラ ダイコンソウ チシマキンバイ チョウノスケソウ チングルマ テリハノイバラ ナガボノシロワレモコウ ナシ ナナカマド ナニワイバラ ナワシロイチゴ ニガイチゴ ニワウメ ニワザクラ ニワナナカマド ノイバラ ノウゴウイチゴ ハクロバイ ハナカイドウ ハナモモ ハマナス バラ バライチゴ ヒメヘビイチゴ ヒメリンゴ ビワ ピラカンサ フユザクラ ヘビイチゴ ベニバナイチゴ ベニバナシャリンバイ ホザキシモツケ ホザキナナカマド ボケ ポテンティラ・トンゲイ ポテンティラ・ネパレンシス マメザクラ マルバシモツケ マルメロ ミツバシモツケソウ ミツバツチグリ ミヤマキンバイ ミヤマダイコンソウ メアカンキンバイ モッコウバラ モミジイチゴ モモ ヤエザクラ ヤエヤマブキ ヤブヘビイチゴ ヤマブキ ヤマブキショウマ ユキヤナギ ユスラウメ リキュウバイ リンゴ ワイルドストロベリー ワレモコウ

iPhoneアプリ-花しらべ