HOME  BACKグミ科グミ属   常緑低木
ナワシログミ (苗代茱萸)
Elaeagnus pungens
  海岸沿いの林縁などに生える常緑低木。名前の由来は、果実がナワシロ(苗代)の時期(4-7月)に赤く熟すことから。10-11月に葉腋に芳香のある小さな淡黄色の花を下向きに数個つける。萼筒には4個の稜があり褐色の鱗状毛が混じる。葉は革質で、互生、葉身は5-10cmの長楕円形、縁が波打つ。果実は2cm程で4-7月に赤く熟す。庭木や公園樹などで植栽される。
別  名トキワグミ、カングミ
原産地/原生地日本
花  期10月-11月
樹  高2-4m
地  域本州・関東以西、四国、九州
環  境海岸
種  別自生/栽培
ナワシログミナワシログミ
ナワシログミナワシログミ
ナワシログミナワシログミ
グミ科グミ属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ