HOME  BACKスイカズラ科スカビオサ属   越年草
タカネマツムシソウ (高嶺松虫草)
Scabiosa japonica var. alpina
  高山帯の砂礫地や乾いた草地に生える越年草。名前は、高山に咲くマツムシソウの意。基本種より丈が低く、花は大きい。8-9月に花茎の先に4cm程の淡紫色から赤紫色の頭花を1個つける。舌状花は2唇で、下唇は3深裂する。葉は対生し、羽状に細かく裂ける。
別  名ミヤママツムシソウ(深山松虫草)
原産地/原生地日本
花  期8月-9月
草  丈30-50cm
地  域本州・中部以北
環  境高山/草原/岩場
種  別自生
タカネマツムシソウタカネマツムシソウ
タカネマツムシソウ 
スイカズラ科スカビオサ属の仲間

スイカズラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ