HOME  BACKサトイモ科ハンゲ属   多年草
カラスビシャク (烏柄杓)
Pinellia ternata
  畑などに生える多年草。名前の由来は、仏炎苞をひしゃくに見立てた。5-8月に緑色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をつける。付属体は細長く糸状に伸びる。葉は3小葉、小葉は5-10cmの楕円形、先が尖る。球状の根茎を乾燥したものをハンゲ(半夏)といい吐き気止めで漢方で用いられる。全草にシュウ酸カルシウムを含む有毒植物で誤食すると口内炎・嘔吐を起こす。
別  名ハンゲ(半夏)
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期5月-8月
草  丈20-40cm
地  域全土
環  境田畑/山地/草原
種  別自生
カラスビシャクカラスビシャク
サトイモ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ