HOME  BACKオオバコ科ウルップソウ属   多年草
ウルップソウ (得撫草)
Lagotis glauca
  高山地帯の砂礫地に生育する多年草。名前の由来は、千島列島のウルップ島の名に因む。6-8月に穂状花序をだし、1cm程の青紫色や白色の筒状の唇形花を多数つける。下唇は2-3裂する。葉は肉質で光沢があり、互生、葉身は5-10cmの広卵形。仲間には大雪山に生育し葉が細いホソバウルップソウ、夕張岳に生育し葉が小さいユウバリソウがある。
別  名ハマレンゲ
原産地/原生地北太平洋地域
花  期6月-8月
草  丈10-30cm
地  域北海道・礼文島、本州(北アルプス北部・八ヶ岳)
環  境高山/岩場
種  別自生
ウルップソウウルップソウ
ウルップソウウルップソウ
オオバコ科の仲間
アンゲロニア イヌノフグリ イワカラクサ イワブクロ ウォーターバコパ ウンラン エチゴトラノオ オオイヌノフグリ オオカワヂシャ オオバコ オタカンサス キンギョソウ クガイソウ クワガタソウ グロブラリア・コルディフォリア ケローネ コゴメイヌノフグリ シナノヒメクワガタ シュッコンリナリア ジギタリス スズカケソウ タチイヌノフグリ ツタバウンラン テングクワガタ トウテイラン トラノオスズカケ ハナチョウジ ハマトラノオ ヒメキンギョソウ ヒメトラノオ フラサバソウ ヘーベ ヘラオオバコ ベロニカ ベロニカ・オックスフォードブルー ペンステモン ホソバウンラン マツバウンラン ムシクサ メカルドニア ヤマクワガタ レーマニア・エラータ

iPhoneアプリ-花しらべ