HOME  BACKスミレ科スミレ属   多年草
クモマスミレ (雲間菫)
Viola crassa ssp. alpicola
  北・中央アルプスの砂礫地に分布する多年草。スミレの仲間では最も高所に生育する。6-8月に1-2cmの黄色の花をつける。よく似るキバナノコマノツメに比べると唇弁が細長い。花柱は無毛。葉は暗緑色、厚く、光沢があり、葉身は2-4cmの腎円形、無毛、表面の脈は紫色。基本種は東北地方の高山に分布するタカネスミレで、八ヶ岳ではヤツガタケキスミレ、大雪山にはエゾタカネキスミレなどがある。よく似るキバナノコマノツメとの見分け方は、葉が無毛であればクモマスミレ、短毛があればキバナノコマノツメ。
原産地/原生地日本
花  期6月-8月
草  丈5-10cm
地  域北アルプス、中央アルプス
環  境高山/岩場
種  別自生
クモマスミレクモマスミレ
クモマスミレ 
スミレ科スミレ属の仲間

スミレ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ