HOME  BACKラン科アツモリソウ属   多年草
アツモリソウ (敦盛草)
Cypripedium macranthum var. speciosum
  山地の草原に自生する多年草。名前の由来は、花の姿を平敦盛の背負ったホロ(母衣:背面からの流れ矢を防ぐための武士が背中に背負った長い布のこと)に見立てた。茎頂に4cm程の淡紅や白色の袋状の唇弁が目立つ花をつける。葉は3-5個が互生し、葉身は楕円形、先が尖る。クマガイソウに似るが、クマガイソウは大きな扇状の葉が互生するが、アツモリソウは長楕円の葉が互生する。乱獲や盗掘により数が激減した自生地が多い。環境省・絶滅危惧U類指定。
英  名Large-flowered Cypripedium
原産地/原生地東アジア
花  期5月-6月
草  丈20-50cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境山地/林縁/草原
種  別自生
花言葉移り気
アツモリソウアツモリソウ
アツモリソウアツモリソウ
ラン科アツモリソウ属の仲間

ラン科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ