HOME  BACKスイカズラ科カノコソウ属   多年草
カノコソウ (鹿の子草)
Valeriana fauriei
  山地の湿った草地に生える多年草。名前の由来は、花や蕾の様子を鹿の子絞りに見立てた。茎は直立し草丈は40-80cm。5-7月に茎先に散房花序をだし、小さな白・淡紅色の花を多数つける。葉は対生し、羽状全裂する。根は神経過敏症などに効果がある。観賞用に栽培される。
英  名Japanese valeriana
別  名ハルオミナエシ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期5月-7月
草  丈40-80cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/草原
種  別自生/栽培
花言葉適応力
カノコソウカノコソウ
カノコソウカノコソウ
スイカズラ科カノコソウ属の仲間

スイカズラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ