HOME  BACKイラクサ科カテンソウ属   多年草
カテンソウ (花点草)
Nanocnide japonica
  山野の木陰などに生える多年草。名前の由来は、花が小さくて点のように見えることから。雌雄同株。4-5月に、上部の葉腋に柄をだし雄花序を、葉腋に雌花序をかたまってつける。雄花の花被片は5個、雌花の花被片は4個。葉は互生し、葉身は1-3cmの卵形、縁に鋸歯がある。
原産地/原生地日本
花  期4月-5月
草  丈10-30cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地
種  別自生
カテンソウカテンソウ
カテンソウカテンソウ
イラクサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ