HOME  BACKユキノシタ科ネコノメソウ属   多年草
ヨゴレネコノメ (汚れ猫の目)
Chrysosplenium macrostemon var. atrandrum
  山地の沢沿いの湿った場所に生える多年草。名前の由来は、葉につく白色の斑紋が汚れたように見え、花後につく実の裂け目が猫の目に見えるからとされる。3-4月に茎頂に黄緑色の花をつける。花弁はなく、花弁状の紅紫色の萼片が4個つく。葯は暗紅色。上部の苞葉は黄緑色。葉は有柄、葉身は卵形から楕円形、縁に鋸歯があり、紫褐色に灰白色の斑紋が入る。花後に走出枝が伸びる。基本種のイワボタンの葯は黄色。
原産地/原生地日本
花  期3月-4月
草  丈5-20cm
地  域本州・関東地方以西の太平洋側、四国、九州
環  境山地/林縁/河原
種  別自生
ヨゴレネコノメヨゴレネコノメ
ヨゴレネコノメ 
ユキノシタ科ネコノメソウ属の仲間

ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ