HOME  BACKユキノシタ科ネコノメソウ属   多年草
ハナネコノメ (花猫の目)
Chrysosplenium album var. stamineum
  沢沿いの湿り気のある場所に生える多年草。名前の由来は、ネコノメソウの仲間では花が美しく、花後につく実の裂け目が猫の目に見えるからとされる。3-4月に茎先に小さな花をつける。花弁はなく4個の萼片がつく。裂開前の葯は紅色。葉は対生し、葉身は1cm程の扇円形。花後に走出枝を伸ばす。基本種は近畿、中国地方に分布する白い軟毛が多いシロバナネコノメソウ。
原産地/原生地日本
花  期3月-4月
草  丈5-10cm
地  域本州(南東北、関東、中部、近畿)
環  境山地/林縁/河原
種  別自生
ハナネコノメハナネコノメ
ハナネコノメ 
ユキノシタ科ネコノメソウ属の仲間

ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ