HOME  BACKハマウツボ科コゴメグサ属   一年草
タチコゴメグサ (立小米草)
Euphrasia maximowiczii
  日当たりの良い高原に生える一年草。名前は、茎が直立し、小さな花を小米に例えた。茎は曲がった毛が生え上部でよく分枝する。草丈は15-30cm。8-9月に上部の葉腋に小さな白色の唇形花をつける。下唇は上唇より少し長く、下唇に紫色の条が入り中央に黄色の斑が入る。葉は無柄で卵形、縁に尖った鋸歯がある。
原産地/原生地日本
花  期8月-9月
草  丈15-30cm
地  域本州、四国、九州
環  境高山/草原
種  別自生
タチコゴメグサタチコゴメグサ
タチコゴメグサ 
ハマウツボ科コゴメグサ属の仲間

ハマウツボ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ