HOME  BACKアオイ科アダンソニア属   落葉高木
バオバブノキ
Adansonia
  バオバブノキはアフリカ、マダガスカル、オーストラリアに10種分布する。落葉高木。属名は、アフリカのバオバブ(A. digitata)を報告した18世紀のフランス人自然学者ミシェル・アダンソン(Michel Adanson)の名に因む。樹形は種類により異なるが、アフリカに自生するディギタタ(A. digitata)の幹は直径6-10mの徳利のように肥大する。葉腋から20-40cmの大きさの白色の花をひとつ下向きに垂れ下げる。果肉や種子は食用に、若葉は野菜、樹皮は繊維として利用される。年輪がないために樹齢は不明だが数百年の古木があるといわれる。
英  名Baobab
別  名バオバブ
原産地/原生地アフリカ、マダガスカル、オーストラリア
花  期1月-12月
樹  高10-20m
種  別栽培
バオバブノキバオバブノキ
バオバブノキバオバブノキ
バオバブノキ 
アオイ科の仲間
アーノッティアヌス アオギリ アニソドンテア アノダ・クリスタータ アブチロン アメリカフヨウ イチビ イリマ ウオトリギ ウスベニアオイ ウスベニタチアオイ ウナズキヒメフヨウ エノキアオイ オオハマボウ オクラ カカオ カラスノゴマ キクノハアオイ キワタノキ キンゴジカ ギンセンカ ケナフ コラノキ ゴエテア・ストリクティフローラ ゴジカ サキシマハマボウ サキシマフヨウ シェービングブラシツリー シナノキ スイフヨウ スイレンボク セイヨウシナノキ ゼニアオイ ゼニバアオイ タチアオイ チロリアンランプ トゲアオイモドキ トックリキワタ トロロアオイ ドンベア ハイアオイ ハイビスカス ハイビスカス・コキオ ハナアオイ ハマボウ パキラ・アクアティカ パボニア ヒメフヨウ ピンポンノキ フウリンブッソウゲ フユアオイ フヨウ ボダイジュ マルバストラム・ラテリティウム ムクゲ ムスクマロウ モミジアオイ ヤツデアオギリ ヤノネボンテンカ ラバテラ・バーンスレイ ラバテラ・バイカラー ローゼル ワタ

iPhoneアプリ-花しらべ