HOME  BACKヒガンバナ科アリウム属   球根
ラッキョウ (辣韮)
Allium chinense
  ヒマラヤ原産の球根草。中国では紀元前から栽培され、国内には平安時代に薬用で伝わったとされる。江戸時代から食用にされるようになった。10-11月に茎先に散形花序をだし、小さな紅紫色の花を多数つける。根生葉は線形。鱗茎はカリウムを多く含み、甘酢漬け、塩漬け、醤油漬けなどで食用にする。
別  名オオニラ(大韮)
原産地/原生地ヒマラヤ
花  期10月-11月
草  丈30-60cm
種  別野菜・果物
ラッキョウラッキョウ
ラッキョウ 
ヒガンバナ科アリウム属の仲間

ヒガンバナ科の仲間
アガパンサス アマゾンユリ アマリリス アリウム・ギガンチウム アリウム・クリストフィー アリウム・トリケトラム アリウム・ネアポリタナム アリウム・マウントエベレスト アリウム・モーリー アリウム・ユニフォリウム インドハマユウ キイイトラッキョウ キズイセン キツネノカミソリ キルタンサス ギョウジャニンニク クイーン・エマ・リリー クンシラン ササガニユリ シブツアサツキ ショウキズイセン シロウマアサツキ シロバナマンジュシャゲ スイセン スイセン・ペーパーホワイト スカドクサス・ムルティフロルス ステルンベルギア スノードロップ スノーフレーク ゼフィランサス タヌキノカミソリ タマスダレ チャイブ ツバメズイセン ナツズイセン ナルキッスス・カンタブリクス ナルキッスス・ブルボコディウム ニラ ネギ ネリネ ノビル ハマユウ ヒガンバナ マユハケオモト ヤマラッキョウ ラッパズイセン リューココリーネ

iPhoneアプリ-花しらべ