HOME  BACKサガリバナ科ナポレオナ属   常緑低木
ナポレオンズハット
Napoleonaea imperialis
  アフリカ中西部(ナイジェリアからアンゴラ)原産の常緑低木。花は中心が赤茶色で周辺部がクリーム色。葉は革質で、互生、葉身は6-12cmの長い楕円形、先が尖る。樹皮と果実は鎮咳薬で使用される。
英  名Napoleon's hat
別  名ナポレオナ・インペリアリス
原産地/原生地アフリカ中西部
花  期3月-6月
樹  高3-6m
種  別栽培
ナポレオンズハットナポレオンズハット
ナポレオンズハット 
サガリバナ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ