HOME  BACKラン科ハベナリア属   多年草
ミズトンボ (水蜻蛉)
Habenaria sagittifera
  日当たりの良い湿地に生える多年草。名前は、唇弁をトンボに見立てたもの。茎は直立し草丈は40-80cm。7-9月に総状花序をだし、1cm程の緑白色の唇形の花をつける。葉は茎の下部につき、互生、葉身は5-20cmの線形。環境省・絶滅危惧U類指定。
別  名アオサギソウ
原産地/原生地日本
花  期7月-9月
草  丈40-80cm
地  域北海道・南部、本州、四国、九州
環  境池沼
種  別自生
ミズトンボミズトンボ
ラン科ハベナリア属の仲間

ラン科の仲間
アツモリソウ イワチドリ エゾチドリ エビネ エピデンドラム オキナワチドリ オニノヤガラ オンシジウム カキラン カトレヤ キエビネ キンラン ギンラン クマガイソウ グラマトフィラム コウトウシラン コケイラン コチョウラン サイハイラン サギソウ ササバギンラン サルメンエビネ サワラン シュンラン ショウキラン シラン シンビジュウム ジゴニシア セッコク タイガーオーキッド ツチアケビ テガタチドリ トキソウ ナリヤラン ネジバナ ノビネチドリ ハクサンチドリ バニラ バンダ パフィオペディラム ホソバノキソチドリ ミズチドリ ミルトニア ヤマサギソウ

iPhoneアプリ-花しらべ