HOME  BACKメギ科メギ属   落葉低木
ヒロハヘビノボラズ (広葉蛇上らず)
Berberis amurensis var. japonica
  山地の林内や亜高山帯から高山帯の蛇紋岩地に分布する落葉低木。名前の由来は、葉の幅がヘビノボラズより広く、ヘビでさえも登れない鋭いトゲが枝につくことから。5-7月に、枝先に総状花序をだし、小さな黄色の花を下向きにつける。花弁と萼片は6個。葉は短枝に集まってつき、葉身は3-10cmの倒卵形から楕円形、縁に棘状の鋸歯がある。果実は液果で、10月に赤く熟す。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国東北部、アムール
花  期5月-7月
樹  高30-200cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁/岩場
種  別自生
ヒロハヘビノボラズヒロハヘビノボラズ
ヒロハヘビノボラズ 
メギ科メギ属の仲間

メギ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ