HOME  BACKユリ科タケシマラン属   多年草
オオバタケシマラン (大葉竹縞蘭)
Streptopus amplexifolius var. papillatus
  亜高山帯から高山帯の林内に生える多年草。6-8月に葉腋から花柄を伸ばし、1cm程の白色の花をつける。花柄が途中でねじれ、花被片はそり返る。葉は6-12cmの卵形、基部は茎を抱く。果実は液果で赤く熟す。同属のタケシマラン(S. streptopoides ssp. japonicus))は小型で草丈は10-30cm、葉の基部は茎を抱かない。
原産地/原生地北太平洋地域
花  期6月-8月
草  丈50-100cm
地  域北海道・本州・中部以北
環  境高山/林縁
種  別自生
オオバタケシマランオオバタケシマラン
オオバタケシマランオオバタケシマラン
オオバタケシマラン 
ユリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ