HOME  BACKリンドウ科リンドウ属   多年草
トウヤクリンドウ (当薬竜胆)
Gentiana algida
  高山帯の砂礫地に分布する多年草。名前の由来は、トウヤク(当薬)とは胃薬になるセンブリのことで、トウヤクリンドウも胃薬になることから。茎は直立し、8-9月に茎先に4cm程の黄白色の花を2-4個つける。花弁には濃緑色の斑紋がある。花は日が当たらないと開かない。葉は対生し、葉身は4-8cmの披針形。
英  名Whitish gentian
原産地/原生地周北極
花  期8月-9月
草  丈10-30cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境高山/草原/岩場
種  別自生
トウヤクリンドウトウヤクリンドウ
トウヤクリンドウ 
リンドウ科リンドウ属の仲間

リンドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ