HOME  BACKニシキギ科クロヅル属   つる性落葉低木
クロヅル (黒蔓)
Tripterygium regelii
  山地の林縁に分布するつる性の落葉低木。茎は赤褐色から灰色で細く、他の植物に巻きつき数メートルに達する。雌雄同株。7-8月に枝先に円錐花序をだし、小さな緑白色の5弁花を多数つける。葉は互生し、葉身は5-15cmの卵形から楕円形、先は短く尖り、縁に浅い鋸歯がある。果実は1-2cmの翼果で淡緑から紅色。
別  名ベニヅル
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国東北部
花  期7月-8月
樹  高50-300cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁
種  別自生
クロヅルクロヅル
クロヅルクロヅル
ニシキギ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ