HOME  BACKシュロソウ科シュロソウ属   多年草
タカネシュロソウ (高嶺棕櫚草)
Veratrum maackii var. japonicum f. atropurpureum
  谷川岳、至仏山(尾瀬)や中部地方の亜高山帯から高山地帯の草地に分布する多年草。名前は根元に黒褐色の繊維(シュロ毛)が残ることから。7-8月に花茎の上部の円錐花序をだし、1cm程の紫褐色の花を多数つける。花被片は6個。根生葉は6-15cmの線形。
別  名ムラサキタカネアオヤギソウ(紫高嶺青柳草)
原産地/原生地日本
花  期7月-8月
草  丈20-60cm
地  域本州(谷川岳、至仏山、中部地方)
環  境高山
種  別自生
タカネシュロソウタカネシュロソウ
タカネシュロソウタカネシュロソウ
シュロソウ科シュロソウ属の仲間

シュロソウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ