HOME  BACKクマツヅラ科バーベナ属   耐寒性多年草
ヤナギハナガサ (柳花笠)
Verbena bonariensis
  南アメリカ原産で観賞用に栽培される多年草。第二次大戦後に東海地方で自生が確認された帰化植物。名前の由来は、細長い葉をヤナギの葉に、傘のようにつく花序の様子を花笠に例えた。茎は剛毛が多く、よく分枝し、草丈は50-200cm。6-10月に茎頂に穂状花序を出し、小さな紅紫色の筒状の花を多数つける。花冠は5裂する。葉は対生し、葉身は広線形、縁に鋸歯があり、基部は茎を抱く。
英  名Purpletop vervain
別  名バーベナ・ボナリエンシス、サンジャクバーベナ、タチバーベナ
原産地/原生地南アメリカ
花  期6月-10月
草  丈50-200cm
地  域日本全土
環  境田畑/河原/草原/道端
種  別自生/栽培
ヤナギハナガサヤナギハナガサ
ヤナギハナガサ 
クマツヅラ科バーベナ属の仲間

クマツヅラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ