HOME  BACKカヤツリグサ科ワタスゲ属   多年草
サギスゲ (鷺菅)
Eriophorum gracile
  亜高山帯の湿地に生える多年草。名前の由来は、スゲの仲間で、花が終わった後にできる白い綿毛の果穂がシラサギのように見えることから。5-7月に、茎頂に2-5個の小穂をつける。花被片は白色の綿毛状でかたまりになる。よく似るワタスゲは小穂を1個つける。
原産地/原生地日本
花  期5月-7月
草  丈20-50cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境山地/高山/池沼
種  別自生
サギスゲサギスゲ
カヤツリグサ科ワタスゲ属の仲間

カヤツリグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ