HOME  BACKヒルガオ科ジャクモンティア属   つる性多年草
パウオヒイアカ
Jacquemontia ovalifolia ssp. sandwicensis
  メキシコ、西インド諸島、ハワイ、アフリカ原産で砂浜に自生する多年草。ハワイ在来種。パウオヒイアカとは「ヒイアのスカート」の意で、火の女神ペレが海で魚を捕っている間、妹・ヒイアカを、この植物が強い日差しから彼女を守ったことから。葉腋から花柄をだし2cm程の淡青色の漏斗形の花をつける。葉は互生し、葉身は3-5cmの楕円形、基部はハート形。
英  名Oval-leaf clustervine,Pau o Hiiaka
原産地/原生地メキシコ、西インド諸島、ハワイ、アフリカ
花  期1月-12月
環  境海岸/砂地
種  別自生
パウオヒイアカパウオヒイアカ
パウオヒイアカ 
ヒルガオ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ