HOME  BACKオトギリソウ科ヒペリカム属   多年草
セイヨウオトギリソウ (西洋弟切草)
Hypericum perforatum
  ヨーロッパから西アジア原産の多年草。ハーブの一種。5-7月に茎頂に集散花序をだし、3cm程の黄色の5弁花をつける。葉は対生し、葉身は2-4cmの卵形から楕円形で淡緑色の斑点がある。聖ヨハネ(St. John)の日(夏至)に収穫すると最も効能があるとされることから、セントジョーンズワートと呼ばれ、古代ギリシャの時代から利尿や傷の手当など、現在はうつ病の処置に使用されている。
英  名St. John's wort
別  名セントジョーンズワート、ヒペリカム・ペルフォラタム、コゴメバオトギリソウ
原産地/原生地ヨーロッパ、西アジア
花  期5月-7月
草  丈40-100cm
種  別栽培
セイヨウオトギリソウセイヨウオトギリソウ
セイヨウオトギリソウセイヨウオトギリソウ
オトギリソウ科ヒペリカム属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ