HOME  BACKユキノシタ科アスチルベ属   多年草
アワモリショウマ (泡盛升麻)
Astilbe japonica
  渓谷沿いの湿った岩場に自生する多年草。名前の由来は、小さな花が泡のように盛り上がってつく様子からアワモリ、葉がサラシナショウマの葉に似ることからショウマが付けられた。5-6月に茎先に円錐花序をだし、小さな芳香のある白色の5弁花を多数つける。葉は厚く光沢があり、2-4回3出複葉、小葉は長楕円形、先が尖り、縁に重鋸歯がある。観賞用に栽培される。
英  名Japanese astilbe
原産地/原生地日本
花  期5月-6月
草  丈20-60cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地/岩場
種  別自生/栽培
アワモリショウマアワモリショウマ
アワモリショウマ 
ユキノシタ科アスチルベ属の仲間

ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ