HOME  BACKヒガンバナ科アリウム属   球根
シロウマアサツキ (白馬浅葱)
Allium schoenoprasum var. orientale
  高山の砂礫地に生える球根草。名前の由来は、白馬岳に多く分布することから。7-8月に茎頂に赤紫色の小さな花を球状につける。葉は20-40cmの円筒形。仲間には、本種より小型の至仏山や谷川岳に生えるシブツアサツキがある。
別  名シベリアラッキョウ
原産地/原生地北東アジア
花  期7月-8月
草  丈20-60cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境高山/岩場
種  別自生
シロウマアサツキシロウマアサツキ
シロウマアサツキ 
ヒガンバナ科アリウム属の仲間

ヒガンバナ科の仲間
アガパンサス アマゾンユリ アマリリス アリウム・ギガンチウム アリウム・クリストフィー アリウム・トリケトラム アリウム・ネアポリタナム アリウム・マウントエベレスト アリウム・モーリー アリウム・ユニフォリウム インドハマユウ キイイトラッキョウ キズイセン キツネノカミソリ キルタンサス ギョウジャニンニク クイーン・エマ・リリー クンシラン ササガニユリ シブツアサツキ ショウキズイセン シロバナマンジュシャゲ スイセン スイセン・ペーパーホワイト スカドクサス・ムルティフロルス ステルンベルギア スノードロップ スノーフレーク ゼフィランサス タヌキノカミソリ タマスダレ チャイブ ツバメズイセン ナツズイセン ナルキッスス・カンタブリクス ナルキッスス・ブルボコディウム ニラ ネギ ネリネ ノビル ハマユウ ヒガンバナ マユハケオモト ヤマラッキョウ ラッキョウ ラッパズイセン リューココリーネ

iPhoneアプリ-花しらべ