HOME  BACKクマツヅラ科ナガボソウ属   多年草
ナガボソウ (長穂草)
Stachytarpheta
  南アメリカ原産の多年草で世界の熱帯地方に分布する多年草。国内では南西諸島の道端などに自生する帰化植物。葉は対生し、葉身は長楕円形、縁に鋸歯がある。枝先に穂状花序を出し、青紫色の漏斗形の花を数個つける。花冠は5裂する。葉にしわがあるチリメンナガボソウ(S. dichotoma)、しわがないフトボナガボソウ(S. jamaicensis)、花が赤色のスタキタルフェタ・ムタビリス(S. mutabilis)などがある。
英  名Blue snakeweed, Red snakeweed
原産地/原生地南アメリカ
花  期1月-12月
草  丈40-120cm
地  域沖縄
環  境道端
種  別自生/栽培
ナガボソウナガボソウ
ナガボソウナガボソウ
ナガボソウナガボソウ
クマツヅラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ