HOME  BACKラン科コウトウシラン属   多年草
コウトウシラン (紅頭紫蘭)
Spathoglottis plicata
  熱帯アジア原産の地生ラン。名前は台湾の南東沖の島・コウトウショ(紅頭嶼)に因む。花茎の先に3cm程の淡紅色の花を総状につける。根生葉は50cm程で披針形。熱帯地方の花壇などで利用される。
英  名Philippine ground orchid
原産地/原生地熱帯アジア
花  期1月-12月
草  丈40-100cm
地  域沖縄
種  別栽培
コウトウシランコウトウシラン
コウトウシラン 
ラン科の仲間
アツモリソウ イワチドリ エゾチドリ エビネ エピデンドラム オキナワチドリ オニノヤガラ オンシジウム カキラン カトレヤ キエビネ キンラン ギンラン クマガイソウ グラマトフィラム コケイラン コチョウラン サイハイラン サギソウ ササバギンラン サルメンエビネ サワラン シュンラン ショウキラン シラン シンビジュウム ジゴニシア セッコク タイガーオーキッド ツチアケビ テガタチドリ トキソウ ナリヤラン ネジバナ ノビネチドリ ハクサンチドリ バニラ バンダ パフィオペディラム ホソバノキソチドリ ミズチドリ ミズトンボ ミルトニア ヤマサギソウ

iPhoneアプリ-花しらべ