HOME  BACKムクロジ科カエデ属   落葉高木
イロハモミジ (以呂波紅葉)
Acer palmatum
  山地に自生する落葉高木。名前の由来は、葉の裂片を「いろはにほへと」と数えたことから。4-5月に枝先に散房花序をだし、小さな暗紅色の花を10-20個つける。花弁と萼片は5個。雌雄同株でひとつの花序に雄花と両性花がつく。葉は対生し、葉身は3-7cmで掌状に5-7深裂、基部は浅い心形から切形。裂片は披針形、縁に重鋸歯がある。10-12月に紅葉する。果実は翼果で翼は水平に開く。庭木や庭園樹などで植栽される。材は堅く建築材や家具などに使われる。
英  名Japanese maple
別  名タカオモミジ、イロハカエデ
原産地/原生地東アジア
花  期4月-5月
樹  高5-15m
地  域本州、四国、九州、沖縄
環  境山地
種  別自生/栽培
花言葉大切な思い出、節制
イロハモミジイロハモミジ
イロハモミジイロハモミジ
イロハモミジ 
ムクロジ科カエデ属の仲間

ムクロジ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ