HOME  BACKリンドウ科センブリ属   越年草
タカネセンブリ (高嶺千振)
Swertia tetrapetala ssp. micrantha
  本州の亜高山帯から高山帯の草地に分布する越年草。草丈は10-30cm。7-8月に茎頂に1cm程の淡青紫色の花をつける。花冠は4裂し、裂片に濃青紫色の斑点がある。葉は対生し、葉身は1-4cmの三角状卵形。変種には八方尾根に分布するハッポウタカネセンブリ(var. happoensis)や北海道の日高・大雪山に分布するエゾタカネセンブリ(var. yezoalpina)等がある。
原産地/原生地日本
花  期7月-8月
草  丈10-30cm
地  域本州(和賀岳、焼石岳、月山、朝日山地、北アルプス北部、白山)
環  境高山/草原
種  別自生
タカネセンブリタカネセンブリ
タカネセンブリ 
リンドウ科センブリ属の仲間

リンドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ