HOME  BACKアゼナ科アゼナ属   這性一年草
ウリクサ (瓜草)
Lindernia crustacea
  全国の畑・道端・空き地やなどに自生する一年草。名前の由来は、果実の形がマクワウリに似ていることから。茎はよく分枝し地面に広がる。8-10月に上部の葉腋に小さな淡紫色の唇形花を1個つける。葉は対生し、葉身は1-2cmの卵形、縁に粗い鋸歯があり、日が当たると茎や主脈が紫色を帯びる。
英  名False pimpernel
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、東南アジア
花  期8月-10月
草  丈5-20cm
地  域全土
環  境田畑/道端
種  別自生
ウリクサウリクサ
ウリクサ 
アゼナ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ