HOME  BACKイネ科ススキ属   多年草
オギ (荻)
Miscanthus sacchariflorus
  河川敷や湿地に生えしばしば群落をつくる多年草。名前の由来には、花穂が馬の尾に似て、大きな草なので木に見え、尾木になり、転訛してオギになったという説、風邪になびく様子を霊魂を招く様に例えオグ(招)が転訛したという説など諸説がある。中国名は荻でオギを当てた。地下茎が横に長く伸びて広がりススキのように株をつくらない。9-10月に茎頂に20-40cmの銀白色のススキより大きな花穂をつける。葉は4-80cmの線形。よく似るススキとの違いは、ススキには小穂に長いノギ(芒)があるが、オギにはノギはない。
英  名Amur silvergrass,Silver plumegrass
別  名オギヨシ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期9月-10月
草  丈100-250cm
地  域全土
環  境田畑/河原/草原
種  別自生
オギオギ
オギオギ
イネ科ススキ属の仲間

イネ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ