HOME  BACKアブラナ科アブラナ属   越年草
カブ (蕪)
Brassica rapa var. rapa
  地中海沿岸地方からアフガニンスタン原産とされ、古い時代に中国を経由して導入された越年草。3-4月に茎頂に総状花序をだし、1-2cmの黄色の4弁花を多数つける。根生葉は60cm程の楕円形。春の七草のひとつ。根の形が鈴に似ることからスズナ(鈴菜)と呼ばれる。根は漬物、煮物、蒸し物などで用いられる。葉はビタミンA、C、カルシウム、鉄分を多く含む。
英  名Turnip
別  名カブラ、スズナ
原産地/原生地地中海沿岸、アフガニスタン
花  期3月-4月
草  丈30-80cm
種  別野菜・果物
カブカブ
カブ 
アブラナ科アブラナ属の仲間

アブラナ科の仲間
アブラナ イオノプシディウム イヌガラシ イベリス ウメハタザオ エゾスズシロ オーブリエチア オランダガラシ カキネガラシ コマツナ コンロンソウ ゴウダソウ ザーサイ スイートアリッサム スカシタゴボウ ストック セイヨウカラシナ タアツァイ タネツケバナ ダイコン ナズナ ナノハナ ニオイアラセイトウ ハクサイ ハナナ ハボタン ハマダイコン ハルザキヤマガラシ バージニア・ストック ブロッコリー ヘリオフィラ・ロンギフォリア マメグンバイナズナ ミチタネツケバナ ミヤマタネツケバナ ミヤマハタザオ ムラサキハナナ ヤマガラシ ヤマハタザオ ユリワサビ ルッコラ ワサビ

iPhoneアプリ-花しらべ