HOME  BACKキジカクシ科ジャノヒゲ属   多年草
ジャノヒゲ (蛇の髭)
Ophiopogon japonicus
  山野の林内に自生する多年草。名前の由来は、細長い葉を竜のヒゲに例えたもの。7-8月に花茎の先に総状花序をだし、小さな白色または淡紫色の花をつける。花被片は6個。根生葉は長さ10-20cmで幅が2-3ミリの線形。果皮が早く落ち種子が果実のように見える。種子は球形で青紫色に熟す。根は咳止めの薬効がある。仲間のオオバジャノヒゲは葉の幅が広く、種子は灰緑黒色。グランドカバーなどで利用される。
別  名リュウノヒゲ
原産地/原生地東アジア
花  期7月-8月
草  丈10-20cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
花言葉変わらぬ思い
ジャノヒゲジャノヒゲ
ジャノヒゲジャノヒゲ
キジカクシ科ジャノヒゲ属の仲間

キジカクシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ