HOME  BACKセリ科イブキボウフウ属   多年草
イブキボウフウ (伊吹防風)
Libanotis ugoensis ssp. japonica
  低山から亜高山帯の礫地や草原に自生する多年草。名前の由来は、滋賀県の伊吹山で発見されたことから。茎は直立し、上部で数個分枝する。7-9月に茎頂に複散形花序をだし、小さな白い5弁花を多数つける。葉は2-3回羽状複葉、小葉は羽状に細かく裂ける。分果の背面には短毛がある。
原産地/原生地日本、朝鮮半島
花  期7月-9月
草  丈30-100cm
地  域北海道、本州・近畿以北
環  境田畑/山地/高山/草原/岩場
種  別自生
イブキボウフウイブキボウフウ
イブキボウフウイブキボウフウ
セリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ