HOME  BACKミツガシワ科イワイチョウ属   多年草
イワイチョウ (岩銀杏)
Nephrophyllidium crista-galli
  亜高山帯から高山帯の湿地などに自生する多年草。名前の由来は、葉がイチョウ(銀杏)の葉に似ることからとされる。6-8月に花茎の先に集散花序をだし、1-2cmの白色の花をつける。花冠は5裂し、縁が波状になる。根生葉は光沢があり、5-10cmの腎円形、縁に鋸歯がある。
英  名Deer cabbage
別  名ミズイチョウ
原産地/原生地日本
花  期6月-8月
草  丈20-50cm
地  域北海道、本州・中部以北
環  境高山/池沼
種  別自生
イワイチョウイワイチョウ
イワイチョウ 
ミツガシワ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ