HOME  BACKアブラナ科エリシマム属   越年草
エゾスズシロ (蝦夷蘿蔔)
Erysimum cherranthoides
  北半球の温帯に分布する越年草。名前の由来は、北海道に多く分布する帰化植物で、スズシロソウに似ることから。4-7月に茎頂に穂状花序をだし、小さな黄色の4弁花をつける。葉は互生し、葉身は狭楕円形、先が尖り、縁に低い鋸歯がある。
英  名Treacle mustard
別  名キタミハタザオ
花  期4月-7月
草  丈20-80cm
地  域北海道、本州
環  境草原/道端
種  別自生
花言葉ときめき
エゾスズシロエゾスズシロ
エゾスズシロ 
アブラナ科エリシマム属の仲間

アブラナ科の仲間
アブラナ イオノプシディウム イヌガラシ イベリス ウメハタザオ オーブリエチア オランダガラシ カキネガラシ カブ コマツナ コンロンソウ ゴウダソウ ザーサイ スイートアリッサム スカシタゴボウ ストック セイヨウカラシナ タアツァイ タネツケバナ ダイコン ナズナ ナノハナ ニオイアラセイトウ ハクサイ ハナナ ハボタン ハマダイコン ハルザキヤマガラシ バージニア・ストック ブロッコリー ヘリオフィラ・ロンギフォリア マメグンバイナズナ ミチタネツケバナ ミヤマタネツケバナ ミヤマハタザオ ムラサキハナナ ヤマガラシ ヤマハタザオ ユリワサビ ルッコラ ワサビ

iPhoneアプリ-花しらべ