HOME  BACKタデ科オンタデ属   多年草
ウラジロタデ (裏白蓼)
Aconogonon weyrichii
  中部以北の亜高山帯から高山帯の砂礫地などに分布する多年草。雌雄別株。名前の由来は、タデ科の植物で、葉裏に白色の綿毛を密につけることから。6-9月に円錐花序をだし、小さな花を多くつける。花冠は5深裂する。雌花には赤みがある。葉は互生し、葉身は10-15cmの卵形から長卵形で、先が尖る。
原産地/原生地日本、ロシア(サハリン、南千島)
花  期6月-9月
草  丈30-100cm
地  域北海道、本州・中部地方以北
環  境高山
種  別自生
ウラジロタデウラジロタデ
ウラジロタデウラジロタデ
ウラジロタデ 
タデ科オンタデ属の仲間

タデ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ