HOME  BACKカヤツリグサ科スゲ属   多年草
コウボウムギ (弘法麦)
Carex kobomugi
  海岸の砂浜に自生する多年草。雌雄別株。名前の由来は、根茎の繊維を筆に使ったことから、筆の弘法大師に因み、穂をムギ(麦)に見立てた。4-7月に茎先に穂状花序をだす。雌花は黄緑色、雄花は茶褐色の小穂を多数つける。葉は革質で線形。
英  名Japanese sedge
別  名フデクサ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、台湾、中国
花  期4月-7月
草  丈10-20cm
地  域全土
環  境海岸/砂地
種  別自生
コウボウムギコウボウムギ
コウボウムギ 
カヤツリグサ科スゲ属の仲間

カヤツリグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ