HOME  BACKアヤメ科ワトソニア属   球根
ワトソニア
Watsonia
  南アフリカの草原などに分布する球根草。属名は18世紀のイギリスの植物学者ワトソン(William Watson)に因む。約60種の原種が分布する。4-6月に穂状花序をだし、4cm程の淡紅・白・赤・橙色の花をつける。花被片は6個。葉は革質で剣状。花壇や切り花などで利用される。
英  名Bugle lily
別  名ヒオウギズイセン(檜扇水仙)
原産地/原生地南アフリカ
花  期4月-6月
草  丈20-100cm
種  別栽培
花言葉豊かな心
ワトソニアワトソニア
ワトソニアワトソニア
ワトソニア 
アヤメ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ