HOME  BACKズイナ科ズイナ属   落葉低木
ズイナ (瑞菜、髄菜)
Itea japonica
  山地の林縁や沢沿いなどに自生する落葉低木。名前の由来は、枝の髄を灯火の芯に利用し、若葉を食用にしたことから。 5-6月に枝先に総状花序をだし、小さな白色の5弁花を多数つける。葉は互生し、葉身は5-12cmの卵状楕円形で、先が尖り、縁に鋸歯がある。果実は朔果で9月に黒く熟す。仲間に北アメリカ原産で小さな葉(4-8cm)をつけるコバノズイナがある。
別  名ヨメナノキ
原産地/原生地日本
花  期5月-6月
樹  高1-2m
地  域本州・近畿南部、四国、九州
環  境山地/林縁/河原
種  別自生
ズイナズイナ
ズイナズイナ
ズイナ 
ズイナ科ズイナ属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ