HOME  BACKクワ科コウゾ属   落葉低木
ヒメコウゾ (姫楮)
Broussonetia kazinoki
  山地の林縁などに自生する落葉低木。雌雄同株。4-5月に新枝の上部の葉腋に雌花序、基部の葉腋に雄花序をつける。雄花序は1cm程の白色の球形、雌花序は5mm程の球形で花柱は赤紫色。葉は互生し、葉身は4-10cmの卵形、不分裂または2-3裂、先が尖り、縁に鋸歯がある。6-7月に橙赤色の果実をつける。樹皮は和紙の原料になる。
別  名コウゾ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期4月-5月
樹  高2-5m
地  域本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別栽培
ヒメコウゾヒメコウゾ
ヒメコウゾヒメコウゾ
ヒメコウゾヒメコウゾ
クワ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ