HOME  BACKスミレ科スミレ属   多年草
オオバキスミレ (大葉黄菫)
Viola brevistipulata
  近畿地方以北の日本海側から北海道の山地から亜高山帯の林縁や湿った草地などに自生する多年草。名前の由来は、葉が他のスミレより大きく花色が黄色であることから。4-7月に1-2cmの黄色の花をつける。根生葉は5-10cmのハート形、茎葉は3-4個つき、2-8cmの広卵形、先が尾状に尖り、縁に鋸歯がある。
原産地/原生地日本
花  期4月-7月
草  丈10-35cm
地  域北海道、本州・日本海側
環  境山地/高山/林縁/草原
種  別自生
オオバキスミレオオバキスミレ
オオバキスミレ 
スミレ科スミレ属の仲間

スミレ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ