HOME  BACKタデ科イブキトラノオ属   多年草
ハルトラノオ (春虎の尾)
Bistorta tenuicaulis
  山地の湿り気のある場所に自生する多年草。名前の由来は、春に、トラノオに似た花をつけることから。別名のイロハソウは、早春に咲くことを、いろは47文字の初めの3文字に例えた。3-5月に茎先に穂状花序をだし、小さな白色の花を多数つける。花弁状の萼片は5深裂する。根生葉は束生し、長柄があり、葉身は2-10cmの卵形から楕円形、先が尖る。
別  名イロハソウ
原産地/原生地日本
花  期3月-5月
草  丈10-30cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
花言葉星への願い
ハルトラノオハルトラノオ
ハルトラノオ 
タデ科イブキトラノオ属の仲間

タデ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ